シロアリは駆除ではなく予防が大事

虫の被害は無視をするとさらに広がる

シロアリ予防は自分でも出来る

シロアリの被害は、駆除を行なって解決するよりも予防をしたほうがリフォーム代はかからず、安価で家を守ることができます。シロアリや羽アリの対策を自分でも行なってみると良いでしょう。

シロアリの餌を放置しないこと
家の内部や周囲にシロアリの餌となる木くずや紙、葉っぱなどが多いと、シロアリはそれらにおびき寄せられて家に近づき、最終的に床下やお風呂場、家全体を狙います。逆に言えば、それらを周囲からなくすことでシロアリの被害はだいぶ抑えることができます。
換気を良くして湿った空間を作らない
シロアリは湿った場所を好み、住み着きます。そのため、部屋の換気をきちんと行い、常に湿っている場所を減らすことが重要です。特に風呂場や床下は湿気がたまりやすいので湿気がたまらないように注意しましょう。
近所で被害が発生したら検査を行う
近所でシロアリの被害が出たら注意しましょう。そこから別行動をとっているシロアリがこちらに住み着く可能性があります。よって、念のために業者に調査してもらいましょう。ちなみに、駆除したシロアリが別の家に住み着くということは極めて稀です。
家のひび割れなどは補修する
シロアリは小さな隙間をねらって侵入します。そのため、家にひび割れがあった場合は補修し、雨漏りや結露があった場合は早急に対処しましょう。特に雨漏りや結露は放置すればそこからシロアリが巣を作る可能性もあります。

シロアリをお風呂場に発生させない対策

基本的に床下換気扇を取り付けて湿気対策をするのが最も効果的です。湿ったままにしておくとシロアリに狙われやすくなるばかりか腐食してそこから家の被害が拡大するというケースもあります。お風呂場は湿気が溜まりやすい場所なので湿気対策は非常に重要であり、シロアリを防ぐ以外にも家を長持ちさせるためにも床下換気扇の導入は考えておきましょう。なお、お風呂場以外にも水を使う場所は総じて腐食する可能性が高いことはお忘れなく。

TOPボタン