お風呂場にシロアリが出たときは冷静な対処を

虫の被害は無視をするとさらに広がる

シロアリはどこから住宅に浸入するのか?

シロアリの大群

シロアリは、家に隙間さえあればどこからでも侵入してきます。雨漏りによってもろくなった壁のひび割れや土の中、排水管の隙間など小さな隙間さえあればそこから一気に侵入し、周囲の木材を食い荒らします。コンクリートで地面を覆うというのは一見効果がありそうですが、実際には小さな隙間やひび割れなどから侵入するので全く効果がないばかりか天敵から身を守りやすいということで、シロアリの絶好の住処となってしまいます。

シロアリ駆除業者を利用する手順

お風呂場や屋根裏などである程度シロアリ被害が拡大したら、もう個人の手にはおえません、よって、駆除業者に依頼してシロアリや羽アリを速やかに駆除してもらいましょう。

落ち着いて対処する

まず、落ち着いて冷静になることを優先しましょう。シロアリは確かに家に害をもたらしますが、人そのものには害を及ぼすことはありません。病原菌の媒介はもちろん、噛み付いて傷つけてくるといったことは一切ありません。

シロアリの種類の特定

家に被害を及ぼすシロアリは、基本的にヤマトシロアリかイエシロアリです。この二種は羽の形や色、発生時期や時間帯で識別できます。4~5月に被害が出始めたならヤマトシロアリで、6~7月に被害が出始めたらイエシロアリである可能性が高いです。

シロアリ専門の駆除業者に任せる

お風呂場などでシロアリを見かけた時、すでに被害は拡大していると考えたほうが良いです。そのため、シロアリを家の中で見かけることが増えたのであれば急いで業者に連絡し、調査及び駆除を行ないましょう。

シロアリが出たときは、とにかく落ち着き、確認し、業者に依頼するのが得策です。

TOPボタン